卒業論文「中国延安市靠山式窰洞における近代化による空間構成の変容」(2009年度)

By archive, 2010年1月9日

「中国延安市靠山式窰洞における近代化による空間構成の変容」
松井美奈歩,荻野彰大(共同研究)
地形と共存する伝統的集落に現在住む人々の生活がいかにして社会的変化に適応しているか現状を明らかにすると共に、増築した結果どのような空間性を獲得したかを明らかにすることを目的とする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です