かみの道具3 トクショクシコウ展

By flab, 2010年1月26日

古谷研OBの三星安澄さんが、展示会のディレクションとデザイナーとして参加されています。
数年前から進めらている印刷会社との共同プロジェクトだそうで、
他ジャンルのデザイナーとプロダクト開発をしていらっしゃるようです。
三星さんは、近年の早稲田建築学報のブックデザイナーをされている方でもあります。

20100126-tokusyokushiko_DM_rgb.jpg


かみの道具3
トクショクシコウ展

紙を加工してできる道具の可能性を指向する「かみの工作所」。6組のデザイナーといっしょに「特色」を活かしたペーパープロダクトを思考しました。イロから発想し、カミをいじり、工場とやりとりしながら試行錯誤の末にたどり着いたカタチ。紙工から生まれる至高のプロダクトが皆さんの嗜好に合うと幸いです。

2010年1月29日(金)?2月21日(日) 11:00?19:00
AXIS リビング・モティーフ B1F「ビブリオファイル」内
106-0032 東京都港区六本木5-17-1 AXISビル B1F  TEL: 03-3587-2784

●出展者(特色)
大友 学(赤)/トラフ建築設計事務所(緑)/菊地敦己(青)/NIIMI(白)/藤森泰司(茶)/三星安澄(銀)

主催:かみの工作所/福永紙工 http://www.kaminokousakujo.jp/
共催:リビング・モティーフ http://www.livingmotif.com/
企画:萩原 修  マネージメント:山田明良  会場構成:トラフ建築設計事務所+藤森泰司アトリエ  グラフィックデザイン:三星安澄
三星さんのサイト
http://www.az-3.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です