第3回作家論ゼミ? 10.06.30 担当 M0飯塚哲平 及川輝

By flab, 2010年7月5日

「Le Corbusier:Maison La RocheについてのJohn Hejdukの詩について」
20100705-la roche1.jpg
key words
・詩と建築
・ヘイダックの色彩の影響
・プロムナード建築
・Bye Houseへの色、シークエンスの引用
・Bye Houseの壁の意味(灰色の意味)
・ラ・ロッシュとは内外が反転


ヘイダックがラ・ロッシュ邸について書いた詩を分析することで、そこでの彼の体験、影響、Bye Houseへの反映を探った。Bye Houseのプランははエントランス前のピロティからパビリオン、リビングスペースに至るシークエンスがプロムナード建築(歩行の建築)と言われるラ・ロッシュ邸と相対関係にある。さらにはBye Houseで用いられる色はラ・ロッシュ邸の色を引用したものであるが、配色が内外反転している。ここにヘイダックの内部空間の客体化の意図が伺える。
20100705-スクリーンショット(2010-07-05 2.31.05).png

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です