学校木造・木質化研究-制度・手法・空間性の横断的評価視点の導入

By archive, 2010年11月19日

目的 木造・木質空間の利点と社会的な問題点を整理し、建築計画、特に学校計画上の手法をまとめる。 仮説 木造・木質化を推進している地域・学校の事例を調査することで、その手法や共通の問題点が明らかになるのではないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です