待合空間研究ーリハビリテーション病院における見通しの効果についてー

By archive, 2012年11月14日

情報化の進む現代において、医療施設の利用は予約が主流となり、「待つ」という行為が短縮され、「待つだけ」の待合空間はあまり必要とされない時代になりつつある。本論文では待合空間の新たな役割の提示によるリハビリテーション医療の効果向上への貢献を目標とする。

Open publication – Free publishingMore architectrue

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です