新年のご挨拶 / 16th DOMANI・明日展開催中!

By flab, 2014年1月1日

あけましておめでとうございます。
古谷研助手の根本です。
12月14日より、国立新美術館にて「16th DOMANI・明日展」が開催されています。
20140101-dsc04696_________.jpg


DOMANI・明日展とは、文化庁が行っている「新進芸術家海外研修制度(旧:芸術家在外研修)」によって海外に派遣された若手芸術家たちの成果発表としての美術展です。過去にも様々なジャンルから選出された、活躍中の作家が、その時々の日本の美術の在り様を提示してきました。
20140101-dsc04745_________.jpg
16回目となる今展では、初めて“建築”を取り上げ、「未来の家」というテーマを設け、43名の建築家たちがひとつの作品を創り上げるとともに他ジャンルのアーティスト8名と競演します。
それぞれの作家が提示する「未来の家」とは?美術界の明日を担う作家たちの多彩な表現が一堂に会する、貴重な機会をぜひお楽しみください。
http://www.furuya.arch.waseda.ac.jp/domani.php
何を隠そう、古谷も本制度を利用して海外に派遣された一人です。
建築家としては3人目の派遣で、1986年にスイスの建築家「マリオ・ボッタ」の事務所にて研修を行いました。
今展では古谷もその研修で得たこと、それから建築家として考えてきたことを活かし、43名の建築家のひとりとして出展しています。
20140101-dsc04677_________.jpg
古谷が研修中に見て回った建築家「カルロ・スカルパ」の作品から学び取った空間性を元に、展示空間は設計されています。
外からでは展示が一望できない、空間の中に入らないと展示を見ることが出来ないような空間になっています。
古谷研再生空間研究
カルロ・スカルパについてはこちら

20140101-dsc04726_________.jpg
20140101-dsc04737_________.jpg
また今展には古谷研OBであり、在外研修制度の経験者でもある吉村靖孝さん、藤井由理さん、山添奈織さん、平瀬有人さんらも出展されています。
DOMANI・明日展は2014年は1月8日から26日までの開催です。
ぜひ奮ってご来場下さい。
最後になりましたが、本年も古谷研をどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です