中国窰洞集落研究 NHK世界一番紀行 取材

By flab, 2009年12月29日

こんばんは
伊坂です。
先日12/9に NHK
世界一番紀行▽世界で一番大きな地下の村?中国三門峡市ヤオトン?
に、
2008年 伊坂春 「下沈式窰洞住居の空間構成と地上部の役割」
で調査に行った中国河南省三門峡市陜県窰底村が取材され、放送されました。
本論文では、地下に掘られた分散住居が集積した、下沈式窰洞住居の地上部に着目し、そこでの生活様式や独自のコミュニティのあり方を明らかにし、現代におけるあらたなコミュニケーションや集住のあり方の一助となることを目的としました。
番組では、作家の服部真澄さんが、中国の悠久の歴史に思いをはせながら訪ねていきます。10年後には消滅してしまいそうな、窰洞集落の空間性と生活、そこでの人々との出会いが放送されています。
20091229-ピクチャ37-1.png
卒論で実際に調査に訪れた住居や人が、次々に画面に映り、
また、古谷研究室として調査資料提供をしたところ、すごい空撮とCGになって放送されていました。
決して行く事の出来なかった崖の先上空から、真冬の雪が降り積もり、地上部の活動がしっかりと目に見えるものでした。
20091229-ピクチャ 7-1.png
http://www3.nhk.or.jp/hensei/program/k/20091209/001/10-2000.html
http://cgi4.nhk.or.jp/topepg/xmldef/epg3.cgi?setup=/bs/premium8-wed/main

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です