卒業論文「学校空間研究」(2009年度)

By archive, 2010年1月9日

「―学校空間研究― パッシブデザインを取り入れた小学校におけるオープンスペースの空間条件と児童の行動特性との相関」
佐野穂高
環境問題の深刻化により設計者主体のパッシブデザインが求められている。その中で、物理的な要素だけでなく環境工学的な要素を分析対象として組み込む事んだ上でオープンスペースの空間分析をより詳細に行い、設計にフィードバックする事を目的とし、本研究を行った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です