北京調査 第2弾 歴史文化保護地区22胡同調査 その1

By flab, 2010年10月20日

6月の調査に引き続き、同じく北京、今度は南?鼓巷を含めた歴史文化保護区を対象に、9/14から21の1週間調査を行いました。遅ればせながらその報告をさせていただきたいと思います。null


調査1日目。
事前調査として、五道営胡道↑を訪れました。
南?鼓巷のように、中国の伝統住居の一つである四合院数多く残しながら近年急激な商業化をむかえている場所です。
null
大通りに近づくと観光客向けの飲食店が多く建ち並びます。これらは比較的新しいもので、四合院の形をとりながらも新築が多いようです。
null
通りに面したカフェの中には、四合院の中庭をカフェのオープンスペースとして開放しているようなところもありました。
20101020-0914 029 blog.jpg
工事中の店も多く見られました。この五道営胡道には今回の調査中何度か訪れることになりますが、1週間の間にも変化していました。
20101020-0914 095 blog.jpg
20101020-0914 098.jpg
今回の調査にも、北京大学の学生を始めたくさんの方々に協力していただきました。
つづいて、その2からは調査の内容を紹介いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です