学校施設および周辺地域での児童の生活行為の実態についての研究 ―学校・地域オープンスペースの横断的評価視点a

By archive, 2010年11月19日

「児童にとっての学校を開く」とは児童の生活、教育の場が地域に展開していくこと議論すること。 地域利用の可能性を探る。 都市空間と学校空間で、児童の生活の場として担う役割が補完しあう部分があるかを検証する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です