JIAゴールデンキューブ賞特別賞受賞!

By flab, 2011年3月16日

20110316-tokubetu_07.jpg
東北関東大地震および福島第一原発発電所の事故によって被害を受けられた皆様
に謹んでお見舞い申し上げます。
古谷研究室が行っているプロジェクトの一つである、島根県雲南市における中高生を中心としたアーバンデザイン部活動が、JIA主催のゴールデンキューブ賞「子どもを対象とした建築や都市環境の教育活動」にて、特別賞を受賞致しました。


今回のゴールデンキューブ賞は、応募作品54点のうちの受賞で、優秀賞は逃しましたが、島根県雲南市での活動が対外的にも認められ、外部への情報発信にもつながった事は素晴らしい事です。
アーバンデザイン部とは、建築系の大学のない島根県雲南市において、若い力(地元中学生、高校生)がまちづくりに対して興味をもってもらうとともに、まちの魅力を引き出すようなイベント運営や企画構想などを古谷研究室の学生や都市計画家、アーティストの方たちや中国地方の大学生などと恊働して行うまちづくり団体のことです。(2009年夏、建築家の山代悟氏の提言がきっかけで、結成となりました)
このような受賞となったのも、今まで雲南プロジェクトに関わって頂いた古谷研究室OBOGの方々や島根県の方々、その他お世話になった方々のおかげであります。
まだ活動は島根県出雲地方に限られていますが、将来的にはその範囲を広げ、また中高生がより主体となり活動を行ってゆけるような体制の構築を目指していきたいと思っております。
まだ先の話になりますが、9月28日?30日に東京ビックサイトにて、
作品展示を行う予定です。宜しければ足をお運びいただけると幸いです。
また今春にも入間交流施設セルフビルドWSや木次さくらまつり2011で、古谷研究室は雲南市と関わってまいります。そちらの情報も随時更新してゆきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です