木造設計研究 ―計画要素及び問題点における相関と相違―

By archive, 2011年11月14日

木造の問題に対する解決手法は設計者によって様々であり、体系化されていない。設計者は何を問題と感じ、どのような手法を用いて解決し、設計を進めているのか、それらの関係性を整理し、空間性の選択肢としての木造を評価することを目標とする。

Open publication – Free publishingMore architectrue

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です