地域再生計画にみる施設活用の効果と可能性の研究

By archive, 2011年11月20日

廃校や遊休化した公共施設など、現在の地域の需要にそぐわなくなったり運営・維持していくことが困難になった施設を用途転用や改修を行う事で再び施設を維持して行く「施設活用」という取り組みがある。
インフラの整備をはじめとしたハード面での整備や、イベントを起こして地域を盛り上げていくソフト面での整備があるが、施設活用はその両面に打開策を示しうるものなのではないのだろうか。
我々は、本研究において、地域再生を意図して行われた施設活用が地域に与える影響をテーマとして設定し、建築と地域社会の接続性について考えていきたい。

Open publication – Free publishingMore architectrue

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です