東京都現代美術館「失われた街 -三陸に生きた集落たち-」展

By tanohata, 2011年12月11日

東京都現代美術館で行われる「失われた街 -三陸に生きた集落たち-」展に出展する
田野畑村の模型制作を古谷研究室が担当しました。
20111211-blog9.jpg
20111211-blog8.jpg
20111211-blog3.jpg
20111211-blog7.jpg
20111211-blog6.jpg
20111211-blog2.jpg
会 期: 2011年12月13日(火)〜2012年1月15日(日) 
会 場: 東京都現代美術館 エントランスホール
観覧料:無料
展覧会では宮城県から岩手県までの、12カ所の失われた集落を再現した1/500の模型を展示します。
制作には神戸大学、法政大学、宮城大学+青木淳、神戸大学、武庫川女子大学、神奈川大学、茨城大学、東洋大学、国士舘大学、名古屋大学、大阪市立大学、東京理科大学、昭和女子大学が参加しています。
三陸海岸沿いを広域で再現した、迫力のある模型が展示されています。
皆様見にいらして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です