– 地域デザイン研究-エコミュージアムの計画手法と地域帰属意識向上の相関

By archive, 2012年11月14日

世界的な観光振興や地域資源を活用した地域再生促進に伴って着地型観光が脚光を浴びている。その中でも、地域全体を屋根のない博物館と捉え、地域住民が主体となって取り組むエコミュージアムや同意義の田園空間博物館を取り上げる。本研究ではエコミュージアム・田園空間博物館の事業内容、効果を整理し、地域帰属意識向上のための要素との関係性や相乗効果を明らかにし、地域帰属意識の向上を促すための策を提案することを目的とする。

Open publication – Free publishingMore architectrue

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です