– 学校建築研究-「都心部における小学校小規模化への対応に見る学校遍在性の効果」

By archive, 2012年11月14日

近年の少子高齢化が急速に進む現代社会において、教育の場では児童の減少が顕著に見受けられるが、本来学校には、地域活動のコミュニティの核としての役割や、有事における身近な防災拠点として活用される役割など様々考えられる。本調査では、東京都23 区の単学級以下の小規模学校を対象として、小規模学校を地域に存置していく上での、維持運営課題とその対応手法を明らかにし、体系化することを目的とする。

Open publication – Free publishingMore architectrue

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です