診療科別適性待合空間研究-行為と場の指向性に見通し度が及ぼす影響に対する横断的評価-

By archive, 2012年11月14日

今日、一人ひとりの患者に対し、関係する専門職が集まり、チームとしてケアを行っており、患者の状態に応じて複数の科、複数の職種にまたがるチームで医療サービスを提供していくのが一般的となっている。こういったチーム医療というものがさけばれている事実に対して建築計画的側面において総合病院の待合ー外来空間とその配置においては先進的な事例を見ても均質空間の並列にとどまっていることが多い。

Open publication – Free publishingMore architectrue

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です