「放課後子どもプラン」における学校施設利用の実態と効果に関する研究

By archive, 2013年12月19日

学習の場としての学校だけではなく、児童が生活を自由に選択できる「放課後」において、この活動は児童の行動や地域の人々との交流に対してどのように影響するのか調査し、現代の児童が地域の人々とのつながりを生むためのツールとしての学校の価値を見出す。そして今後の学校における放課後活動に向けた小学校設計の基礎的知見を得ることを目的とする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です