転入者との共生と集落更新に関する研究 -小豆島町空き家バンク制度を事例として-

By archive, 2013年12月19日

少子高齢化等により元の構成員のみでの集落再編が困難になってきている。こうした中、移住者を呼び込み、新たな地域の担い手として町を更新していくことには可能性がある。その地域に住み暮らす住民と集落に介入する移住者がどのように混住するか、その手法をまとめることに意義を見出したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です