駅前滞留者対策訓練における滞留者の移動経路からみる地域特性

By archive, 2013年12月19日

本研究は、震災時に滞留者が多く発生する主要ターミナル駅に着目し、それらの駅でこれまで実施されてきた「駅前滞留者対策訓練」の実態把握から、それぞれの駅における滞留者の避難行動と地域特性との関係性を明らかにする。その上で、都心部における滞留者による混乱を軽減するための手法を提示することを目的とする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です