作家論・Le Corbusier研究会(仮) 第一回勉強会 (2)

By flab, 2014年12月5日

再生空間研究ゼミ所属、修士一年の井上美奈です。
前回の小田切君の投稿に引き続き、本日は、ロンシャンの礼拝堂実測調査に向けた第一回勉強会の、第二章に関するレジュメをアップロードします。


1 シャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(担当:小田切駿)
2 パリ:エスプリ・ヌーボー(担当:井上美奈)
第二章では、コルビュジエがパリへ拠点を移して間もない頃、アメデ・オザンファンとの活動を通して彼がどのような創作を行っていたのか、主にコルビュジエが描いた絵画についての考察を行っています。
建築界の巨匠として知られるル・コルビュジエの、建築とは少し離れた、しかし確実に彼の建築作品のベースとなったであろう絵画について学び、学年、ゼミを超えた議論を通して、コルビュジエの設計思想を探るきっかけとなったかと思います。
今後も継続的に勉強会を開いていく予定です。皆さん是非ご参加下さい。
井上美奈
20141211-20141201_2_inoue.jpg
20141211-20141201_2_inoue2.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です