【美濃加茂PJ】茶霞おきゃれ オープニングイベントの開催!

By flab, 2018年10月1日

こんにちは、美濃加茂プロジェクトリーダーの荒野です。
旧伊深村役場庁舎が茶霞o’carré として2018年6月1日にオープンしました!
前の記事では、改修の内容についてのご紹介いたしました。
本記事では、5月25〜27日に行われたオープニングイベントをご紹介いたします。

まずは、1日目に開催された式典の様子です。
式典では、市長をはじめ、改修に携わっていただいた地元の各関係者が集まり、運営者さんとともに開催されました。

カフェの運営者である鳳仙さんは岐阜の芸妓組合で幇間をされている男芸者の方で、式典後には邦楽や舞を披露していただき大変盛り上がりました。

また、お抹茶が振舞われ、カフェとして生まれ変わった旧伊深村役場を多くの方々に楽しんでいただくことができました。

3日間を通して、他にも様々なイベントが行われました。
例えば「伊深の歴史と文化を知る」ということで、伊深日記にまつわるお話や、伊深に昔から伝わる「えげんさん」というお坊さんの絵本の読み聞かせなどが行われ、伊深をより深く学ぶ機会となりました。

また、お茶立ての体験も行われ、美味しいお茶の淹れ方を教えていただきました。

古谷研究室でもイベントの企画させていただきましたのでその様子も紹介させていただきます。
まずオープニングの式典では旧伊深村役場庁舎の改修内容や設計などに関してプレゼンテーションを行いました。

式典後には伊深や旧伊深村役場庁舎に関する写真収集やその上映会を行なったり、「いぶかクイズラリー」という参加型のイベントも行いました。

こちらは、写真収集の様子です。
地元の方に旧伊深村役場庁舎や伊深の風景などの古写真を持ってきていただき、スキャンによるデータ化をして、保存するということを行いました。

そして最終日には集めた写真を「伊深の記憶と記録」というテーマで上映会を行ないました。
多くの方にご出席していただき、当時のことをみなさんで懐かしくお話してもらいました。

続いて、「いぶかクイズラリー」です。
旧伊深村役場やその周辺に関するクイズを出題し、散策しながら答えてもらうイベントです。
クイズの中には、役場と一緒に写真を撮るミッションを設け、参加者にそれをハガキとしてプレゼントしました。
多くの方に参加していただき、伊深をもっと知るきっかけになったのではないでしょうか。

6月1日に正式オープンを迎えたこのカフェは「茶霞o’carre」という愛称で営業しております。
今年の夏は目玉商品のかき氷で大変盛況だったようです。私たちもいただきましたが、ふわふわの氷と濃厚な抹茶の組み合わせがとっても美味しかったです!!

みなさまも岐阜県や美濃加茂市に訪れる際はぜひお立ち寄りください!
そして旧伊深村役場はもちろん、伊深地区を散策し、その長い歴史や美しい自然をぜひ楽しんでいってください。

今後は旧伊深村役場庁舎や伊深地区を起点に、美濃加茂市山之上・三和地区なども対象に活動を行なっていきたいと考えております。

修士1年 荒野颯飛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です